mekakushe「Nostalgia」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > mekakushe > Nostalgia 歌詞

mekakushe「Nostalgia」のCDジャケット
Amazonで見る

Nostalgia

歌手:

mekakushe


作詞:mekakushe
作曲:mekakushe

目覚ましが鳴る前に起きた
あまりに透明な朝だった
夢をみているような気分

仰向けになって空をみた
あの日からずっとあの日だった
まだ、きみを好きだと気付いてしまった

揺らいだスカートがはためいた
あまりに膨大な夜だった
きみはなにも知らないでしょう

きみがぼくのこと忘れたって
世界が新しくなったって
まだ、きみを好きだと思うよ
思うの

もう誰のことも好きになれないわ
忘れてしまったわ、忘れ方

ひたすらに歩いている
行き先も決めずに ただ
「止まってしまえば消えちゃいそうなの」
なんてさ言ったら変かな?
ノスタルジア

使い古された感動も 新しくなった感情も
全部きみが教えてくれた

味のなくなったガムだった
満たされたかっただけだった
ぼくはいつも子供みたいだ
ごめんね

もう、あの日のこと 懐かしいもんな
永遠ってなにか分からない

神様がいるのならば
なぜきみと出会わせたの
触ってしまえば消えちゃいそうなの
だってさ きっとさ 全部さ
ノスタルジア

ねぇ だれか教えてよ 悲しみは だれの仕業?

ひたすらに歩いている
行き先も決めずに ただ
「止まってしまえば消えちゃいそうなの」
なんてさ言ったら変かな?
ノスタルジア

「Nostalgia」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

mekakusheの人気歌詞

1 COSMOアンドロイドみたいな人間だ 鏡にうつる僕は透明
2 NostalgiaNEW目覚ましが鳴る前に起きた あまりに透明な朝だった
3 デイドリームNEW夜にまぎれた昼間のひかり 誰も知らない世界の終わり
4 泣いてしまうNEWもう行かなくちゃいけない きみは大事にしてくれない
5 昼顔あなたの左目をこすってみたけれど
6 エバーグリーンとアイスクリームとっくに錆びたエバーグリーン

最新人気歌詞

F.O.O.L / King Gnu
NEWF.O.O.L
King Gnu

♪光差し込む方見な 柵は大空に放
○か× / 吉井和哉
NEW○か×
吉井和哉

♪失ったあの日から 運命の内側に
しじま(studio session) / Deep Sea Diving Club
NEWしじま(studio session)
Deep Sea Diving Club

♪眠れない 夜のしじまに溶けた 僕
僕の彼女になってよ。 / Snow Man
NEW僕の彼女になってよ。
Snow Man

♪12時。 11時半。ソファーに二人
Calling... / まっきーとけんた
NEWCalling...
まっきーとけんた

♪いつの日からか当たり前みたいに
Secret Touch / Snow Man
NEWSecret Touch
Snow Man

♪この胸を ... 高鳴りを 確かめる
もしも命が描けたら / YOASOBI
NEWもしも命が描けたら
YOASOBI

♪月が綺麗な夜に 森の中でただひ
Just for you / @onefive
NEWJust for you
@onefive

♪特別な日は 時間が短く感じる 物
My Sweet Girl / Snow Man
NEWMy Sweet Girl
Snow Man

♪I love you just the way you ar
東から西へ / 降幡愛
NEW東から西へ
降幡愛

♪冬の輪郭が ぼんやりしてきた し
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.