にしな「桃源郷」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > にしな > 桃源郷 歌詞

にしな「桃源郷」の歌詞を収録したCDジャケット画像

桃源郷

歌手:にしな
作詞:にしな
作曲:にしな

流れ星に願い事を
唱えたなら叶うって
いつか母がかけてくれた
優しい魔法

雨を弾く傘の音が
貴方の鼓動に聴こえる
寂しい夜は激しく強く
本当はとっくのとうに
魔法は解け
気づいてしまってるのに

夏の終わり見上げれば
貼りつけられた星が瞬く夜
せめてちゃんと傷つけて
終わりを教えて

背丈が伸び空に近づき
貴方も少し歳をとる
いつまでも
自分勝手のままじゃいれない

雨が降ったこの街に
ビニール傘の半透明に
誰にも見せぬ優しい頬に
流れて滴は消える
まるで僕らのプラネタリウムのように

夏の終わり見上げてる
幼い頃よりもずっと弱いけど
どこかでまだ探している
いつかきっと

夏の終わり見上げれば
貼りつけられた星が瞬く夜
せめてちゃんと傷つけて
流れた星に 優しい願いを

アルバム「odds and ends」収録曲


「桃源郷」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

にしなの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.