熊木杏里「雪〜二人の道〜」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 熊木杏里 > 雪〜二人の道〜 歌詞

雪〜二人の道〜 / 熊木杏里
Amazonで見る

「雪〜二人の道〜」歌詞

歌手:熊木杏里
作詞:熊木杏里
作曲:熊木杏里


あれから僕らは
別々の日々へ
舵を取り出て行った
 
足音 混ざり合う
灰色の街で
人に晒され歩く
 
もみの木に灯る
誰かの願いが
叶えばいいなって思う
 
与えられる幸せが
貰った幸せを
上回るのはいつだろう
 
僕は無意識に空を
見上げて 息の中に 白い雪を探す
 
まだ早いって 君の声が
僕の中を通り過ぎて行く
弧を描いた 月の端に
しがみついた 夢がぶら下がってる
 
今頃 あなたは
どうしているかな
季節の合間に想う
 
今年も降り始めた
雪のカーテンは
この町を包むよ
 
ふたりで歩いた
神社までの細い道を 一人なぞってくよ
 
思い出から あなただけが
溢れてくる そんな日もあるよ
手の先から凍えて行く
私の声はもう届かないのかな
 
また明日って 君の声が
僕の中でこだましているんだ
街の色は違うけれど
あなたの生きる場所になって行くよ
きっと きっと
 
僕らに積もった
雪は心の中
消えることはないだろう

アルバム「なにが心にあればいい?」収録曲


熊木杏里の人気ランキング

熊木杏里の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.