そこに鳴る「Mirage」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > そこに鳴る > Mirage 歌詞

そこに鳴る「Mirage」の歌詞を収録したCDジャケット画像

Mirage

歌手:そこに鳴る
作詞:鈴木重厚
作曲:鈴木重厚

もしも君にとって僕が畏怖になったら
積み重ねた時間全て焼き尽くしてしまうような
この手の温度で触れたい

まるで蜘蛛の巣のように絡みついてしまう
目を背けることも許されないようだ
これ以上に傷つくならもういっそ

壊してしまいたいどうせ触れるなら
抱き締め続けて骨が折れる程
この心臓が止まってしまう時
それが君の中で何を意味するか 教えて

このままじゃダメだね そんなことわかってる
後悔がやってくる理由なんて知ってる
それでもまだ信じてしまう きっと

壊れてしまうな君に触れるなら
どれだけの熱も凍えてしまうよな
この心臓が動き出す時
それが君の中で何を意味するか 教えて

もしも君にとって僕が畏怖になっても
積み重ねた時間全て包み込んでいられるような
この手の温度で触れたい

アルバム「超越」収録曲


「Mirage」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

そこに鳴るの人気歌詞

そこに鳴るの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.