そこに鳴る「極限は刹那」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > そこに鳴る > 極限は刹那 歌詞

そこに鳴る「極限は刹那」の歌詞を収録したCDジャケット画像

極限は刹那

歌手:そこに鳴る
作詞:鈴木重厚
作曲:鈴木重厚

眠りにつく瞬間ふと怖くなって
目を閉じてしまえば 幕を引いて
一切合切全部捨ててしまっていいかな

僕を形作る全てがこの体にのしかかる
全身全霊以ってしてでも乗り切れない

いつだっていつだって明日が怖い
目を開けたってピントが合わないし
いつだっていつだって昨日が僕の行く末を掴んで離さない
永遠のように

積み重ねた時間の数だけ
得られたものはどこにあるの
ヒビが入ればそれでお終い

形骸化しただけの優しさに毒されて
いつの間にか僕が誰だか忘れても

何度だって何度だって明日を見たいから
僕らの渾身の一睡で
いつだっていつだって最後はやはり
目を閉じるだけで精一杯なんだ
誰か認めてはくれないか
この一歩を

アルバム「超越」収録曲


「極限は刹那」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

そこに鳴るの人気歌詞

そこに鳴るの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.