涙ひとりきり 歌詞 / 竹島宏

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 竹島宏 > 涙ひとりきり

竹島宏「涙ひとりきり」のジャケット画像

涙ひとりきり

歌手:竹島宏
作詞:松井五郎
作曲:都志見隆

夜明けが近い窓が 一枚の絵になる
寝息を立てる君の 横顔を見ていた

二人で決めた部屋は
マッチ箱みたいで
明かりを灯しながら
静かに暮らしてた

待たせた春の風の道
花は咲かずに散りかけて
抱きしめていたはずなのに
いつ腕をほどいた あゝ

洗ってくれたシャツの
ぬくもりが哀しい
そう 涙ひとりきり

駅から帰るバスの 坂道の雨音
ベンチで君はいつも 待っていてくれたね

ひとつの傘に二人
思い出は切ない
凍えた指の先に
心が震えてた

この街 君は離れたと
聞いたあの日の冬の空
繕いきれぬさみしさに
また愛は壊れた あゝ

わかったはずの気持ち
悔やんでるいまでも
そう 涙ひとりきり
そう 涙ひとりきり


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

竹島宏の人気ランキング

1 札幌えれじぃさっぽろ さっぽろ アカシアの街
2 昼顔の花愛していても 救えない おまえの
3 陽のあたる場所古いアドレス帖から ふいにおま
4 花水木わたしひとりと 言いながら 切れ
5 夜の銀狐淋しくないかい うわべの恋は こ
6 恋にやぶれて恋にやぶれて 心傷ついて 風にこ
7 冷たい指先冷たい指先 離しはしないよ 二年
8 禁じられた想い好きになっては いけなかったの
9 この身を投げて貴女(あなた)がいまも追憶(おも
10 生きて愛してひとりで見たよ 素敵なロードシ
竹島宏の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.