ももすももす「火星よ、こんにちは」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ももすももす > 火星よ、こんにちは

ももすももす「火星よ、こんにちは」のジャケット画像

火星よ、こんにちは

歌手:ももすももす
作詞:ももすももす
作曲:ももすももす

息をして猫を出す
朝顔の種を手で蒔く

過ぎ去るオロシリアン
残喘を呪う創造に
喉を鳴らしたら

やっとまた出会えたけど
これはさよならだね
君と同じ重力の
星で浮かんだって

細い肩撫でている
君はもう
砂の城だったんだ

日が陰り目が冴える
散乱銃桃の葉の匂い

静寂を蝕む朝
僕はまだ少し悲しみに
浸っていたいから

素っ気ない態度も目も
一瞬で消えぬように
薄い影を使い
軌道を描いたんだ

波の肌生きている
風の色
秘密だらけだった

夏の空に
触れて壊れよう
服の中で
花を育てようよ

やっとまた出会えたけど
これはさよならだね
君と同じ重力の
星で浮かんだって

細い肩撫でている
君をただ愛せたら
美しい思い出や
僕を待つ
未来は変わっていた

I say hello,
My dear mars.

アルバム「彗星吟遊」収録曲


「火星よ、こんにちは」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ももすももすの人気歌詞

ももすももすの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.