edda「時をかけ飽きた少女」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > edda > 時をかけ飽きた少女

edda「時をかけ飽きた少女」のジャケット画像

時をかけ飽きた少女

歌手:edda
作詞:郷拓郎
作曲:郷拓郎

たとえ 私が消えてなくなっても 大丈夫
そこにいないだけ 少し迷っただけ

空のめくれに立って見た月は めくらまし
昼しかない街 そろそろ潮時

知らない数え唄 思い出し唄う
つないだ手の先 君の温もり

時をかけ飽きたと ふざけて笑う
いつか出逢いなおす その日を夢見て

帰る場所なんて 元から無いから 大丈夫

重い気体を割き うずめた光
どこへも行けない 君との秘密

「約束できないね」「無理だね」って笑う
すべてを忘れたらきっと 逢えるね

ここでも向こうでもない、どこか

アルバム「いつかの夢のゆくところ」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

eddaの人気歌詞

eddaの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.