edda「カイバノネイロ」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > edda > カイバノネイロ

edda「カイバノネイロ」のジャケット画像

カイバノネイロ

歌手:edda
作詞:edda
作曲:edda

蹴られた愛が 恐ろしくて
逃げ出したのは空の果て
瞼を閉じたら どこ行こうか
胸の穴隠して

ああ光 届きそうにないね
広がる未知にそっと たどり着いたら
もう一度

がらんどうな身を引きずって
ゆれる灯を 遠く見てた
わからないまんまでも うまく歩けるだろう
世界が色を変えたなら
いつか思いだすのかな
いま忘却の雲を超え

居場所を探して 見知らぬ街
いくつかの想い眺めて
溶け合うこと 恐れて広がる
胸の穴なぞった

ああ何を 手放してきたんだろう
写しが妙にブレて 僕らは笑った?
記憶の底

弾けた心をすくって
寄せ集め 偽られた
不完全な僕らは 手を取り合うのだろう
世界が崩れてしまっても
見失わずいれるかな
いま忘却の雲の下

泣いてるのは あの日と同じ
幼い記憶の欠片
ネイロに満ちて 包みこまれたなら
進めるさ

がらんどうな身を引きずって
ゆれる灯を 遠く見てた
わからないまんまでも うまく歩けるだろう
世界が色を変えたなら
いつか思いだすのかな
いま忘却の雲を超え

アルバム「からくり時計とタングの街」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

eddaの人気歌詞

eddaの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.