Halo at 四畳半「百鬼夜行」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Halo at 四畳半 > 百鬼夜行

Halo at 四畳半「百鬼夜行」のジャケット画像

百鬼夜行

歌手:Halo at 四畳半
作詞:渡井翔汰
作曲:齋木孝平

夜になるたびに思考は広がってく
価値の無い不安が部屋に漂ってる
列を成すならず者が煩悩を抱えては
ひとりずつそいつらを丁寧に運んでくる

跋扈する魑魅と魍魎に気を取られて
無我夢中 これが夢なら良かったのにな
百を越す 山積みにされた悩みの種
ひとつずつ 頬張れば朝を迎えてしまうのだろう

覚めないでいる 現の夢よ
夜の帳を下ろさないで
明けないような夜などないと
嘯いたあの人に伝えて
ほら 夜な夜な 百鬼夜行

八百万にも見放されてしまったか
行きも帰りも 通りゃんせ 怖かったよ
勝っても虚しいだけの花一匁と
ひとりぼっち 呆けた顔で童の様に歌を歌って

癒えないでいる 重ねた傷よ
忘れたはずが疼きだした
晴れないような霧など無いと
嘯いたあの人に伝えて
ほら 夜な夜な 百鬼夜行

揺らめいたのは酩酊して見た
世界ではなくて窓越しの朝焼け

覚めないでいる 現の夢よ
夜の帳を下ろさないで
明けないような夜はなくとも
心は蝕まれ 陽は沈む
ほら 夜な夜な 百鬼夜行

アルバム「ANATOMIES」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Halo at 四畳半の人気歌詞

Halo at 四畳半の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.