月と獣 歌詞 / Halo at 四畳半

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Halo at 四畳半 > 月と獣

Halo at 四畳半「月と獣」のジャケット画像

月と獣

歌手:Halo at 四畳半
作詞:渡井翔汰
作曲:渡井翔汰

欠けた月を眺めた獣は
お前が羨ましいと言った
なあ 不完全なお前を皆美しいと言う
あれは嘘だ きっと嘘だ

痩せ細った身体のどこにも
欠けたところなど無いが 誰もが
俺を腫れ物の様に嫌い 追い払っては
化け物だと そう言った

月はただ微笑みを浮かべている
お前まで俺を笑うのか

今 頬を伝って 流れた滴の
理由も名前も獣は知らない
傷はひとつも無いのに 胸が痛むから
夜の静寂にひとり吠えるのさ

どこへ行こうとも 月は付いてきた
お前もひとりなのか?
それでも俺とお前は違うさ
ご覧 道行く誰もが 俺のことなど
その目には映らないようだ

月はただ静かに沈んでいく
次第に明けゆく空の向こうへ

気付けば眠っていた獣は
朝靄の中でひとり目を覚ます

ようやくいなくなったか 生意気な月め
別れのひとつも言えないのか

今 頬を伝って 流れた滴の
理由も名前も獣は知らない
何も失くしてないのに 胸に空いた穴を
埋めるように何度もひとり吠えるのさ

欠けた空を眺めた獣は
お前が羨ましいと言った


アルバム「ANATOMIES」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Halo at 四畳半の人気ランキング

1 花飾りのうた溢れ出した思いに形があるとした
2 ナラクこの身体を巡る運命の行方を決め
3 イノセント・プレイねえ イノセント・プレイ 報われ
4 クレイドル空を渡る ミサイルを捕らえて 花
5 Ghost Apple何も言えずに 白い吐息を 悴んだ
6 百鬼夜行夜になるたびに思考は広がってく
7 レプリカ私の身体を抜け出したそいつが
8 月と獣欠けた月を眺めた獣は お前が羨
9 疾走どこまでも続く迷路の様だ 継い
10 アンチ・グラヴィティーズ思い悩んでばかりいるんだ ただ
Halo at 四畳半の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.