レプリカ 歌詞 / Halo at 四畳半

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Halo at 四畳半 > レプリカ

Halo at 四畳半「レプリカ」のジャケット画像

レプリカ

歌手:Halo at 四畳半
作詞:渡井翔汰
作曲:渡井翔汰

私の身体を抜け出したそいつが
私の目を見て口を開く
「生命をくれたことには感謝するが
この身体を巡る血は濁ってるようだ」

何を馬鹿なこと この恩知らずが
お前を生むのに数え切れぬほど
お前とよく似た 成りかけのそいつを
殺めてようやく出来上がったのさ

そいつは自らを レプリカと名乗る
私が費やした時間も情熱も
ひと吹きでそう消し去っては
こちらをそっと覗きこんだ
私は今どんな顔をしてる?

何を選んでみてもそのどこかに
レプリカ お前の顔が浮かぶんだよ
誰も見たことのない授け物を
祈ってまたお前と目が合うのさ

ところでお前を どうしてやろうか
このまま世に放つ訳にはいかないが
再び殺めたところで 私に
残った時間ではどうすることも

何度も絶望した私を見て
レプリカ お前は何を思うのだろう
誰も見たことのない授け物を
渡すまで またお前を生み出すのさ

私の身体を抜け出したそいつが
私の目を見て口を開く


アルバム「ANATOMIES」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Halo at 四畳半の人気ランキング

1 アンチ・グラヴィティーズ思い悩んでばかりいるんだ ただ
2 花飾りのうた溢れ出した思いに形があるとした
3 ナラクこの身体を巡る運命の行方を決め
4 イノセント・プレイねえ イノセント・プレイ 報われ
5 クレイドル空を渡る ミサイルを捕らえて 花
6 Ghost Apple何も言えずに 白い吐息を 悴んだ
7 百鬼夜行夜になるたびに思考は広がってく
8 レプリカ私の身体を抜け出したそいつが
9 月と獣欠けた月を眺めた獣は お前が羨
10 疾走どこまでも続く迷路の様だ 継い
Halo at 四畳半の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.