真夜中の饗宴(MIDNIGHT PLEASURE) 歌詞 / MIKOTO

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > MIKOTO > 真夜中の饗宴(MIDNIGHT PLEASURE)

MIKOTO「真夜中の饗宴(MIDNIGHT PLEASURE)」のジャケット画像

真夜中の饗宴(MIDNIGHT PLEASURE)

歌手:MIKOTO
作詞:岩崎大介
作曲:MIKOTO

どこを見てる? 物欲しげに街中をフラフラ 虚ろな目はまるで 屍人<グール>
So この世は複雑怪奇な構造<レイヤー> オマエが恐怖<おび>えてるのは自分自身の性<SAGA>

『舌が火傷するぐらいスパイスをかけても、なんの刺激<あじ>もしないの』
終焉の炎(迫るカウントダウン)溜息ついて(うずくまるぐらいなら)いっそ×3

「…トんじまえよ」

さあ飛び込め、真夜中の饗宴<MIDNIGHT PLEASURE> 目覚めた真の姿 ここは理性の墓場<Graveyard>
柩の中でCrazyDeepKiss 暴かれた本性<じぶん>の顔 月が割れる程の絶叫<Scream>
飛び切りの『愛<いたみ>』を与えてやる

何をしてる? 時計の針は真逆にチクタク 北叟<ホクソ>笑んだ不吉な黒猫<BlackCats>
虐げられて妖姿媚態な反応<リアクション> 騎乗で撒き散らしてる他人行儀<ためらいがち>なSmile

『今も忘れられない、あの日の景色<きおく>が、私を苦しめるの』
渦巻く嫉妬<JEALOUSY>(眠れるわけない)溢れた涙(舐めとってやるから)もっと×3

「…味わってやるよ」

もう限界、満月の覚醒<MOONLIGHT AWAKENING> 脈打つ愛の鼓動<BEAT>
そこに撃ち込む銀の杭<SILVER STAKE> 命を削りSlave to the Night ふたり昇天<のぼり>つめてく
神が呆れるほどShout it out, Baby ヤバ過ぎる『愛<いたみ>』を感じてくれ

さあ飛び込め、真夜中の饗宴<MIDNIGHT PLEASURE> 目覚めた真の姿 ここは理性の墓場<Graveyard>
柩の中でCrazyDeepKiss 暴かれた本性<じぶん>の顔 月が割れる程の絶叫<Scream>
飛び切りの『愛<いたみ>』を与えてやる


アルバム「MIKOTO SELF COVER」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

MIKOTOの人気歌詞

1 Accepted BloodNothing feels Like You 時はあ
2 月雪ノ音頬に寄せる雫は こぼれ落ちた月
3 月下の唄は影よりも黒くだから終わらない夜が その手を
4 絶えざる花月の光たどり着いたら 空に上げ
5 蒼い散華途切れた 月下の調べ 最後に交わ
6 暁のカルマ常に隣り合わせの確信 何度だっ
7 Aria -壊れそうな唄が奏でる世界-拭えない夜の隙間に 一握の星を
8 Spiral Maze満ち欠けの輪廻 時計の針は「黎
9 Astral眠れないまま 過ぎた夜は あの日
10 100万回の愛革命(REVOLUTION)!煩いチャイムが鳴り響く 革命in
MIKOTOの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.