CARRY LOOSE「WEATHERCOCK」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > CARRY LOOSE > WEATHERCOCK

CARRY LOOSE「WEATHERCOCK」のジャケット画像

WEATHERCOCK

歌手:CARRY LOOSE
作詞:ウルウ・ル
作曲:井口イチロウ


頷く声は いつも暗くて
気怠げな顔 睨みつけてる
空の小部屋が くずれおちてく
冷凍保存 振れる箱舟

ねえいま生き返らせる
安全に君に息を注ぐ

始まる朝と終わらぬ夜が僕に何を問いかけて
いっそ終われなくて良いか
味もしなくて音もしなくてかわらない白たちが迫り続け
風見鶏の様

またたく愛が 波に飲まれた
気まずさの顔 睨みつけてる
空の小部屋で 僕は揺れてる
外したネジは 溶けて粉々

ねえいま生き返らせる
安全に君に息を注ぐ

始まる朝と終わらぬ夜が僕に何を問いかけて
いっそ終われなくて良いか
息もしなくて涙出なくてかわらない黒たちが迫り続け
風見鶏の様

始まる朝と終わらぬ夜が君に何を問いかけて
いっそ終われなくて良いか
味もしなくて音もしなくて沈まない白たちが迫り続け
風見鶏の様

アルバム「CARRY LOOSE」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

CARRY LOOSEの人気歌詞

CARRY LOOSEの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.