九月一日 歌詞 / 眩暈SIREN

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 眩暈SIREN > 九月一日

眩暈SIREN「九月一日」のジャケット画像

九月一日

歌手:眩暈SIREN
作詞:京寺
作曲:オオサワレイ

悲しさなんて感じなければいい
傷付くことで傷付け
望むほど何処か歪んでいく

いつかこの冷たさに身体を沈めて
虚像を塗した感情は
まだより一層脈打つ

孤独を知ったのは
通り過ぎた人達のせいだ
景色を眺めていても
「自分」を思い知る

離せないよ この喪失は必要で
自分の不甲斐無さまで
呪って粗末に生きていた
今日が終わる 影が遠ざかっていく
何度も思い返すのは
最後にした会話だった

落ちていく時間を拾えないか
思うだけ無駄な毎日だった
そうだ 馬鹿らしいよ
この生活は失敗の塔だ

また同じ様に間違えるなら
言葉は手で掬う水みたいだ
零れてしまった

期待をしてたのは
優し過ぎた人達のせいだ
崩れてしまうまで
寄りかかる事しか出来なかった

願わないよう 思いは閉じたままで
それで許されるなんて
くだらない
幻を消したくて

今日も影が遠ざかっていく
どうしてこんなにすれ違えるんだ


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

眩暈SIRENの人気歌詞

1 夕立ち人通りをさけて暗がりを歩く 袖
2 クオリア何も言わなければ良かった 向き
3 滲む錆色「汚れてしまえ」と鉄を噛むよう
4 九月一日悲しさなんて感じなければいい
5 紫陽花過去に囚われた陰鬱な影と背中に
6 image_____追い込んでいたつもりで いつも
7 Gerbera白い希望を纏って 淡い夢を語っ
8 image_____ (TV SIZE LONG VER.)追い込んでいたつもりで いつも

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.