大原ゆい子「雨宿り」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着歌詞 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 大原ゆい子 > 雨宿り 歌詞

雨宿り / 大原ゆい子
amazon検索

「雨宿り」歌詞

歌手:大原ゆい子
作詞:大原ゆい子
作曲:大原ゆい子


しとしと霧雨が控えめに 音を鳴らして
乾いた街や人も柔らかくするみたい

読みかけの本に栞挟み
立ち上がるの 今は忘れたい事全て
霞んで見えないから

雨の導(しるべ)を 待っていたの
時が無情に過ぎゆく中で
一秒前の私には 届かない場所へ誘(いざな)って

木の葉にまとまった雨粒 滴り落ちて
根を張る土やシャツを少しずつ染めている

見慣れた摩天楼と人波は
今だけは遠くの星の夢 幻で
一人きりの空ね

雨の導(しるべ)を 待っていたの
時が無情に過ぎゆく中で
進まない景色を置いて 静かな雨宿りの場所へ

傘も持たないままで
探している
雨の導(しるべ)よ この場所で
時が無情に過ぎゆくよりも
一秒先の私には 届かないで いたいの

雲間に伸びる 輝きは
いつもより強く感じている
一秒前の私には 見えない光りが灯るように


アルバム「星に名前をつけるとき」収録曲


大原ゆい子の歌詞ランキング

大原ゆい子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(15:16更新)

1 Rude大森靖子
2 村まつり童謡
3 やさしい花奥華子
4 Dark RainbowB'z
5 Madonna -Original Korean ver.-Secret
すべて見る▶

最新人気歌詞

ホーム新着歌詞ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.