エイミー 歌詞 / ヨルシカ

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ヨルシカ > エイミー

ヨルシカ「エイミー」のジャケット画像

エイミー

歌手:ヨルシカ
作詞:n-buna
作曲:n-buna


口に出してもう一回
ギターを鳴らして二拍
歌詞を書いてもう三節
四度目の夏が来る

誤解ばっかさ、手遅れみたいな話が一つ
頭の六畳間、君と暮らす僕がいる

忘れたいこと、わからないことも僕らのものだ
長い夜の終わりを信じながら

さぁ人生全部が馬鹿みたいなのに
流れる白い雲でもう
想像力が君をなぞっている
あの夏にずっと君がいる

生き急いで数十年
許せないことばかり
歌詞に書いた人生観すら
ただの文字になる

言葉だって消耗品
思い出は底がある
何かに待ち惚け、百日紅の花が咲く

このまま、ほら
このまま、何処か遠くの国で浅い夏の隙間を彷徨いながら

さぁ人生全部で君を書いたのに、忘れぬ口癖のよう
想像力が紙をなぞっている
指先にずっと君がいる

もういいよ

さぁもういいかい、この歌で最後だから
何も言わないままでも
人生なんて終わるものなのさ
いいから歌え、もう

さぁ人生全部が馬鹿みたいなのに
流れる白い雲でもう
想像力が僕をなぞっている
あの夏にずっと君がいる


アルバム「エルマ」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ヨルシカの人気ランキング

1 爆弾魔死んだ眼で爆弾片手に口を開く
2 ヒッチコック「雨の匂いに懐かしくなるのは何
3 負け犬にアンコールはいらない大人になりたくないのに何だか
4 準透明少年凛として花は咲いた後でさえも揺
5 ただ君に晴れ夜に浮かんでいた 海月のような
6 冬眠雨の上がる校庭で昨日の花火を思
7 パレード身体の奥 喉の真下 心があるとす
8 藍二乗変わらない風景 浅い正午 高架下
9 八月、某、月明かり何もいらない 心臓が煩かった
10 詩書きとコーヒー最低限の生活で小さな部屋の六畳
ヨルシカの人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.