春待ち草 歌詞 / 走裕介

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 春待ち草 歌詞

春待ち草

 

走裕介

作詞:

石原信一


作曲:

田尾将実

歌詞
あれからどうして いたのかと
聞けばおまえの まつ毛が濡れる
淡雪舞い散る ガラス越し
時がやさしく 昔に戻す
春待ち草が あの部屋に
薄むらさきに 開く季節(とき)だね

幸せならば それでいい
いつもわがまま 泣かせてばかり
忘れたことなど なかったと
口に出せない 二年の月日
春待ち草は 冬を越え
風にそよいで 誰か待つ花

素顔のままでも きれいだよ
髪もほのかに おまえの匂い
夢より大事な 愛ひとつ
胸に抱きたい 離しはしない
春待ち草の ふたりなら
北の果てにも 咲いてみないか

公開日 : 2018-10-31
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

走裕介の人気ランキング

この歌手の人気一覧を見る▶
関連動画

このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon検索 iTunes
Hanamari(はなまり)

関連歌詞

いいじゃないの幸せならば
木の実ナナ

軌跡と奇跡
DREAMS COME TRUE

おそれ
GRAPEVINE

愛のメッセージ
つげゆうじ

CからはじまるABC
忘れらんねえよ

いける、いける!
9nine

ダーリン
BUZZ THE BEARS

ほんの小さな過去だから
増位山太志郎

暖め鳥
井上由美子

東京HOLD ME TIGHT
パク・ジュニョン

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.