北のひとり星 歌詞 / 走裕介

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 走裕介 > 北のひとり星

走裕介「北のひとり星」のジャケット画像

北のひとり星

歌手:走裕介
作詞:喜多條忠
作曲:蔦将包


北の夜風は 粉雪まじり
お前と暮らした 二年の月日
時の流れに こころがきしむ
お前がいたから 俺がいた
空を見上げりゃ 北極星も
お前をさがして 光ってる
どこに どこに どこに居るのさ ひとり星

人の噂じゃ この町捨てて
行方も知れない お前の舟は
どこの港で 涙を捨てた
ひとりでどうして いるだろか
雪のかなたに お前の星が
淋しい笑顔で 光ってる
ふるえ ふるえ ふるえ泣いてる ひとり星

夢を追いかけ はぐれたふたり
凍えるその手を この手で包み
頬のぬくもり 確かめたいよ
もいちど会えたら 離さない
今日もお前が みつめる星は
真北の夜空に 光ってる
きっと きっと きっと出会える ひとり星


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

走裕介の人気歌詞

1 昭和縄のれんひなびた路地の 縄のれん 焼鳥は
2 流氷の駅はるかなる 知床の峯よ 果てもし
3 篠突く雨おんなが男を 捨ててゆく そんな
4 北国街道・日本海人を愛した かなしみは 海にこぼ
5 赤いレンガの港町北の寒さに かじかむその手に ぬ
6 風来ながれ唄夢を探す旅に出て ずいぶん遠く
7 男の駅線路はなくても 心の中に 故郷(
8 なみだの宿想い出の 想い出の 湯の街あかり
9 のぞみ(希望)ここから出たら 母に会いたい お
10 その人は昔その人は 昔 海の底の 真珠だっ
走裕介の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.