走裕介「知床挽歌」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 走裕介 > 知床挽歌

走裕介「知床挽歌」のジャケット画像

知床挽歌

歌手:走裕介
作詞:高田ひろお
作曲:蔦将包

ことしの冬は 蝦夷(えぞ)ふくろうが
おまえをさがして こずえで鳴くよ
汚れてしまった 哀しみだけを
暖炉にもやして 眠りにつこう
春は まだ遠い 知床挽歌

三年まえは 揺り椅子ゆらし
おまえはセーター 編んでたそばで
そろそろ流氷 岸辺によせる
おもいでばなしが 手ぶらでくるよ
夢を もう一度 知床挽歌

やかんのお湯が たぎっているよ
おまえがいたなら この髭づらを
剃りなと笑って 剃刀わたす
今夜は凍(しば)れる 北斗の星よ
冬の 月が照る 知床挽歌

「知床挽歌」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

走裕介の人気歌詞

走裕介の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.