aiko「帽子と水着と水平線」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > aiko > 帽子と水着と水平線 歌詞

aiko「帽子と水着と水平線」の歌詞を収録したCDジャケット画像

帽子と水着と水平線

歌手:aiko
作詞:AIKO
作曲:AIKO


それは偶然で あの日雨が降ったから
君に逢った fu あの日雨が降ったから
青の水平線に晴れた空が
落としていったもの
鮮やかな夕日を見て

もう始まっていた
あっけなく好きになっていた
赤い帽子のツバが曲がって
隙間から覗く
大きな瞳に夜が来たとしても
風が吹いてもあたし目が離せない

耳の中には星の砂の忘れ物
足首には fu 約束の黒いひも

早くこっちにおいで 離れちゃだめさ
危ないよ気を付けて この手を離すな

もう始まっていた
あっけなく好きになっていた
赤い帽子を風が弾いて
くるり宙返り
目指す空の下 色違いの指先
全部君にあげるよ さぁ目を閉じて

背中の水着の跡
もう一度焼き直そうか
小さな屋根の下で
寄り添ったままいようか

もう始まっていた
あっけなく好きになっていた
赤い帽子のツバが曲がって 隙間から覗く
大きな瞳に夜が来たとしても
風が吹いてもあたし目が離せない

アルバム「暁のラブレター」収録曲
アルバム「まとめII」収録曲


「帽子と水着と水平線」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

aikoの人気歌詞

1 透明ドロップいつでも戻れるよあの頃の自分に
2 磁石言えなかった訳じゃないの 言わなかっただけのこと
3 青空触れてはいけない手を 重ねてはいけない唇を
4 メロンソーダあっという間に想像してたより ずっと早く春は過ぎる
5 カブトムシ悩んでる体が熱くて 指先は凍える程冷たい 「どうした
6 秘密あなたはいつも僕を忘れない様にと
7 KissHug友達だなんて一度も思った事はなかった
8 カケラを残すいつもみたいに頬に触れる様に
9 れんげ畑急に逢いたくなったのは 大きな山に流れる電線
10 雨は止む歩く地面の所々 色が変わっているのはなぜ
aikoの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEW夜のピエロ
Ado

♪街灯は消えてく 孤独な夜が誘う
NEWPale Blue
米津玄師

♪ずっと 恋をしていた これでさ
NEW銀河民
東京事変

♪「めがねはどこだ?」と探し始め
NEWゆめうつつ
米津玄師

♪夢の続きを いつまでも探してた
NEW又三郎
ヨルシカ

♪水溜りに足を突っ込んで 貴方は
NEW怪盗
back number

♪じゃあちょっと目を閉じて 僕の
NEW
Ado

♪半端なら K.O. ふわふわしたいな
NEWあいつら全員同窓会
ずっと真夜中でいいのに。

♪思い通りに起きれない 急いで飲
NEWラベンダー
the shes gone

♪例えば君に 『居なくなって欲し
NEW雨のいたずら
ケツメイシ

♪そうさ雨のせいさ 突然降り出し
NEW
iri

♪弾かれたloser波打って すり抜け
NEW孔雀
東京事変

♪きょう孔雀明王居んだ法主帰依帰
NEWBeating Hearts
King & Prince

♪Carry on my faith 安穏(あんの
NEWもう少しだけ
YOASOBI

♪もう少しだけ もう少しだけ 踏み
NEW閃光
[Alexandros]

♪Blinding lights are fading out
NEW当たり障りがないんだ
極東ロマンス

♪所詮は…ワタシは…僕らは… 当
NEW水泡に帰す

♪弱りきった視力で追いかけた幽霊
NEWPresence V (feat. T-Pablow)
STUTS & 松たか子 with 3exes

♪気にしねぇようとし忘れたフリ
NEW華奢なリップ feat.ちゃんみな
ジェニーハイ

♪どうしたの 髪の色 何か忘れるた
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.