ヨルシカ「ヒッチコック」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

歌詞ナビ > ヨルシカ > ヒッチコック 歌詞

ヨルシカ「ヒッチコック」のCDジャケット
Amazonで見る

ヒッチコック

歌手:

ヨルシカ


作詞:n-buna
作曲:n-buna


「雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでしょうか。
夏が近づくと胸が騒めくのは何でなんでしょうか。
人に笑われたら涙が出るのは何でなんでしょうか。
それでもいつか報われるからと思えばいいんでしょうか。」
 
さよならって言葉でこんなに胸を裂いて
今もたった数瞬の夕焼けに足が止まっていた
 
「先生、人生相談です。
この先どうなら楽ですか。
そんなの誰もわかりはしないよなんて言われますか。
ほら、苦しさなんて欲しいわけない。
何もしないで生きていたい。
青空だけが見たいのは我儘ですか。」
 
「胸が痛んでも嘘がつけるのは何でなんでしょうか。
悪い人ばかりが得をしてるのは何でなんでしょうか。
幸せの文字が¥を含むのは何でなんでしょうか。
一つ線を抜けば辛さになるのはわざとなんでしょうか。」
 
青春って値札が背中に貼られていて
ヒッチコックみたいなサスペンスをどこか期待していた
 
「先生、どうでもいいんですよ。
生きてるだけで痛いんですよ。
ニーチェもフロイトもこの穴の埋め方は書かないんだ。
 
ただ夏の匂いに目を瞑って、
雲の高さを指で描こう。
想い出だけが見たいのは我儘ですか。」
 
「ドラマチックに人が死ぬストーリーって売れるじゃないですか。
花の散り際にすら値が付くのも嫌になりました。
 
先生の夢は何だったんですか。
大人になると忘れちゃうものなんですか。」
 
「先生、人生相談です。
この先どうなら楽ですか。
涙が人を強くするなんて全部詭弁でした。
 
あぁ、この先どうでもいいわけなくて、現実だけがちらついて、
夏が遠くて。
 
これでも本当にいいんですか。
このまま生きてもいいんですか。
そんなの君にしかわからないよなんて言われますか。
 
ただ夏の匂いに目を瞑りたい。
いつまでも風に吹かれたい。
青空だけが見たいのは我儘ですか。」
 
あなただけを知りたいのは我儘ですか

アルバム「負け犬にアンコールはいらない」収録曲


「ヒッチコック」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ヨルシカの人気歌詞

1 エイミー口に出してもう一回 ギターを鳴らして二拍
2 エルマ嘘つきなんて わかって 触れて エルマ まだ
3 月に吠える路傍の月に吠える 影一つ町を行く
4 夜行ねぇ、このまま夜が来たら、僕らどうなるんだろうね
5 神様のダンス忘れるなんて酷いだろ 幸せになんてなるものか
ヨルシカの歌詞一覧を見る▶

関連動画

関連人気歌詞

Velvet Moon / 杉山清貴
Velvet Moon
杉山清貴

♪紫陽花揺らす 雨粒見つめ 君は消
HINOMARU / RADWIMPS
HINOMARU
RADWIMPS

♪風にたなびくあの旗に 古(いにし
The Sound of Music 〜サウンド・オブ・ミュージック〜 / 平原綾香
この道を / 小田和正
この道を
小田和正

♪それでも けんめいに 生きて行く
やさしいヒカリ / 楠田亜衣奈
やさしいヒカリ
楠田亜衣奈

♪あなたの紡いだ言葉から 光が広
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.