欅坂46(平手友梨奈)「夜明けの孤独」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 欅坂46(平手友梨奈) > 夜明けの孤独

欅坂46(平手友梨奈)「夜明けの孤独」のジャケット画像

夜明けの孤独

歌手:欅坂46(平手友梨奈)
作詞:秋元康
作曲:川浦正大

夜明けに家を出て
過去なんか捨てたけど
自分のその足音が
追いかけて来るんだ

誰にも気付かれず
どこかに消えてしまいたいよ
影もできない
まだ薄暗い街

フーウーウウー
引き止めるもの
フーウーウウー
もう何もない

生きるとは孤独になること
愛に甘えるな
群れの中 守られていても
本当の道は絶対
見つからない

誰かのやさしさが
何だか重荷に思えて来た
わざと無視して
嫌われたかった

フーウーウウー
そんな器用に
フーウーウウー
ああ 生きられない

命とは何(なん)なのでしょうか?
誰のためにある?
使い道 どうすればいいか
答え 探しながら
歩いてく

生きるとは孤独になること
何を捨てればいい
降り出した雨に濡れながら
今日は昨日よりも
強くなる

「夜明けの孤独」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

欅坂46(平手友梨奈)の人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.