欅坂46(平手友梨奈)「山手線」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 欅坂46(平手友梨奈) > 山手線

欅坂46(平手友梨奈)「山手線」のジャケット画像

山手線

歌手:欅坂46(平手友梨奈)
作詞:秋元康
作曲:福田貴史

割れてる鏡を覗くように
私は私のことがよくわからない
大事な何かが欠けてるのは
素直になれない自分のせいだと思う

山手線
一人きりでぐるり回ってた

どこで降りれば
愛に逢えるの?
同じような駅のホーム
迷ってる

ドアが開(あ)いても
見ているだけで
心は一歩も
動けない

悲しくなる度 電車に乗る
誰もが無関心で気が楽だから
学校行っても居場所がない
私はどうしてこの世に生まれたのだろう

窓の景色
おでこをつけながら眺めてた

どこで降りれば
正しいのかな?
いつの間にか 乗り込んでた
青春に
何をしたいか
見つからなくて
決まったレールを
走ってる

このまま何周すれば
大人になれるのでしょう?
孤独からの降り方を
教えて欲しい
次の駅で…

どこで降りれば
愛に逢えるの?
同じような駅のホーム
迷ってる

ドアが開(あ)いても
見ているだけで
心は一歩も
動けない

ぐるりと回った
山手線

「山手線」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

欅坂46(平手友梨奈)の人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.