aiko「三国駅」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > aiko > 三国駅 歌詞

aiko「三国駅」のCDジャケット
Amazonで見る

三国駅

歌手:

aiko


作詞:AIKO
作曲:AIKO


もしもあなたがいなくなったら
あたしはどうなってしまうだろう?
持ち上がらない位に首をもたけて泣くのかなぁ
寒さに堪えきれずに温もり求めた先に
あなたの指と腕がある
それでいいそれだけでいい
毎日が昨日の様だったのに
なにを焦っていたの?
変わらない街並みあそこのポーリング場
焦っていたのは自分で
煮詰まってみたり怖がってみたり
繋いだ手を離したくない
 
「苦しい時は助けてあけるだから安心しなさい」
自由に舞う声がする
それでいいそれだけでいい
 
息を吸おうとする意志
再っ直ぐにあなたを見つめる為
育ってく小さな心を見落とさないでね
少しならこぼしていいけど
スカート揺れる光の中の
あの日に決して恥じない様に
 
変わらない街並みあそこのポーリング場
焦っていたのは自分で
煮詰まってみたり怖がってみたり
繋いだ手を離したくない
指折り数えた芽吹いた日々と2人の
帰り道

アルバム「まとめII」収録曲


aikoの人気ランキング

aikoの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

掌 / Mr.Children
JOY / YUKI
BIRTHDAY / くるり
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.