松任谷由実「「いちご白書」をもう一度」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 松任谷由実 > 「いちご白書」をもう一度 歌詞

「いちご白書」をもう一度

歌手:松任谷由実
作詞:荒井由実
作曲:荒井由実


いつか君といった 映画がまたくる
授業抜け出して 二人で出かけた
哀しい場面では 涙ぐんでた
素直な横顔が 今も恋しい

雨に破れかけた 街角のポスターに
過ぎ去った昔が
あざやかに よみがえる

君もみるだろうか「いちご白書」を
二人だけのメモリー
どこかでもう一度

僕は無精ヒゲと 髪をのばして
学生集会へも 時々出かけた
就職が決まって 髪をきってきた時
もう若くないさと
君にいいわけしたね

君もみるだろうか「いちご白書」を
二人だけのメモリー
どこかでもう一度

雨に破れかけた 街角のポスターに
過ぎ去った昔が 鮮やかによみがえる

君もみるだろうか 「いちご白書」を
二人だけのメモリー
どこかでもう一度
二人だけのメモリー
どこかでもう一度

「「いちご白書」をもう一度」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

松任谷由実の人気歌詞

松任谷由実の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.