福田こうへい「母ちゃんの浜唄」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 福田こうへい > 母ちゃんの浜唄 歌詞

福田こうへい「母ちゃんの浜唄」の歌詞を収録したCDジャケット画像

母ちゃんの浜唄

歌手:福田こうへい
作詞:さわだすずこ
作曲:弦哲也


夜がしらじら 明ける頃
姉(あね)さんかぶりで 浜仕事
投げ捨てられた イワシを拾い
背中丸めて 指で割(さ)く
『小イワシは いらんかね
七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』
夢で母ちゃんの 声が聞こえるよ

色足袋脱いで 横座り
手拭いはずした 母ちゃんの
汗びっしょりの 横顔見つめ
チクリ痛んだ 胸の奥
『小イワシは いらんかね
七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』
今も母ちゃんの 声が聞こえるよ

今じゃ俺(おい)らも いっぱしの
魚河岸(いちば)の仲卸人(おろし)さ 魚売り
真水(まみず)で洗った イワシを並べ
思い出すのさ あの唄を
『小イワシは いらんかね
七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』
俺の母ちゃんの 浜唄(うた)が聞こえるよ

アルバム「母〜日本の母を唄〜」収録曲


「母ちゃんの浜唄」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

福田こうへいの人気歌詞

1 道ひとすじ人は天から 生命(いのち)を授(もら)い 歩きだすのさ
2 峠越え先へ出すぎりゃ 世間が叩く 遅れて歩けば 笑われる
3 南部蝉しぐれ南部 盛岡 雫石 思えば遠い ふるさとよ 夢がこぼれた
4 南部のふるさとよく来てくれたな 南部の故郷(くに)へ こんな雪ん子
5 風やまず岩手山から のぞめば遥(はる)か 南部盛岡
6 ひとりじゃないからどんな未来が来るのかと 誰でも夢みて生きている
7 男道やると決めたら 悔はない 浮世苦楽の じょっぱり人生
8 北の出世船霧がヨー 霧がほどけた 夜明けの港
9 母ちゃんの浜唄夜がしらじら 明ける頃 姉(あね)さんかぶりで 浜仕事
10 父子鷹竜(りゅう)は雲呼ぶ 虎は風逆巻(ま)く
福田こうへいの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEWサムシング・ニュー
ジャニーズWEST

♪僕らは最強なんだぜ さあ、進も
NEW愛を知るまでは
あいみょん

♪いざ、手のなる方へと 導いたの
NEWCry Baby
Official髭男dism

♪胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチ
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
NEW野球
くるり

♪ギータ かっ飛ばせよ バース か
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.