歌詞ナビ 新着情報
新着情報
検索
検索
ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



東京
歌手:柴田淳
作詞:森田貢
作曲:森田貢


アルバム「COVER 70's」収録曲

最終電車で 君にさよなら
いつまた逢えると きいた君の言葉が
走馬燈のように めぐりながら
僕の心に火をともす
何も思わずに 電車に飛び乗り
君の東京へ東京へと 出かけました
いつもいつでも 夢と希望をもって
君は東京で 生きていました
東京へはもう何度も 行きましたね
君の住む美し都
東京へはもう何度も 行きましたね
君が咲く花の都

君はいつでも やさしく微笑む
だけど心は むなしくなるばかり
いつか二人で 暮らすことを夢みて
今は離れて 生きてゆこう
君に笑って さよなら言って
電車は走る遠い道を
あぁ今すぐにでも 戻りたいんだ
君の住む町 花の東京
東京へはもう何度も 行きましたね
君の住む美し都
東京へはもう何度も 行きましたね
君が咲く花の都



ツイート iTunes LINEで送る
この歌詞のURL
柴田淳の新着一覧を見る▶
柴田淳の人気情報
1 車窓
きっとこの歌は 届かないまま消
2 お父さんより。
いつの間に美しくなる 娘は持つ
3 両片想い
もう出逢いなんて 訪れないと 思
4
旅は続いてゆく 心構いなしに 希
5
あなたが私にしたことは 忘れて

人気一覧を全て見る▶


柴田淳「東京」歌詞をPCページで見る

新着 歌手名目次
検索 曲名目次
ランキング リアルタイムランキング
歌詞ナビTOPへ

Copyright(C) 2005-2018
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.