流氷子守歌 - 氷川きよしの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

氷川きよし
公式サイト
流氷子守歌  ♪  氷川きよし
作詞 : 池田充男
作曲 : 曽根幸明

やけつく火の酒を
呷れば想い出す
海を愛したあいつの
呑みっぷり度胸よさ
そとは白いオホーツク
出てゆく船もない
俺が歌ってやろうか
流氷 子守 子守歌

男の盃を
かわした船乗りさ
惚れた女を泣かすな
泣かせちゃならないと
だけど可愛いあの女(ひと)を
ひとりにしたあいつ
酔えば二人で歌った
流氷 子守 子守歌

寝た子を起こすよに
吹雪が戸を叩く
おやじとめるな今夜は
拳でもう一本
あいつがいない九十六屯(くんろく)に
今度は俺が乗る
せめて歌ってやろうか
流氷 子守 子守歌


ミニ情報
アルバム「新・演歌名曲コレクション3 みれん心 」収録曲
氷川きよしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
流氷子守歌/氷川きよしの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ