SIREN - vistlipの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

vistlip
公式サイト
SIREN  ♪  vistlip
作詞 : 智
作曲 : Tohya

把握の出来ないおびただしい量の星を諦めずに毎晩数えていた
眩んだ目の影に潜んだ星を見逃している事にも気付かぬまま

思い上がった馬鹿を嗤う
思い上がった馬鹿を嗤う

首を吊り垂れ流せば、涙も枯れ果てるか?
咲いた咲いた名前すら知らない花が
赤く響くサイレンは、最後の手段だったか?
咲いた咲いた血液色の花が

「何か他にやり方が在るだろう。」と殴りつけて止める事も出来ずに
結果だけを「置き手紙だ。」と残し、断り無く夜空を流れて行くのさ

轢きずり回されれば、想いもすり潰せるか?
咲いた咲いた姿すら知らない花が
赤く響くサイレンは、最後の手段だったか?
咲いた咲いた血液色の花が

思い上がった馬鹿を嗤う
思い上がった馬鹿を嗤う

一際目を引くには、笑顔では出来なかったか?
咲いた咲いた存在しない筈の花が
赤く響くサイレンは、最後の手段だったか?
咲いた咲いた血液色のあなたが


vistlipの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SIREN/vistlipの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ