La Vista vistlip 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

vistlip
公式サイト
La Vista  ♪  vistlip
作詞 : 智
作曲 : vistlip

「ほら、どうだい?レンズごときには写せない。こんなにも世界は美しいのに。」
盲点が隙を生んだせいで、肝心な時こそ役に立たない

「君の目が何故、二つしかないかって?背中を誰かに預けるためさ。」

「もしも複数の目を所有していたとすれば、広い視野の中で君は迷うだろ。
傷ついたり、つまづいたり、消えそうにない痛みを受け止めた時、前だけを見れる様に。」

美しい世界が在るなら、逆も然り
ドス黒い世界も同時に写すんだ
媒体に脳を選んだせいで、忘れたい記憶も削除されない

「君の目が何故、二つあるのかって?守りたい誰かと抱き合うためさ。」

「もしも片方の目を失ってしまったなら、感覚が麻痺して手が空を切る。
“何処に居るの?離さないでよ。”消えそうにない痛みで崩壊した時、ズレてしまわない様に。」

「涙で滲んでしまえば、汚(よご)れも汚(けが)れも輝く。
だから気が済むまで泣いてもいいんだよ。
瞼を閉ざし闇の中、夢を少し見れば、何度でも顔を上げたくなる。」

「もしも君が恋に落ちる日が来たら、フォーカスを合わせて。ボヤけない様に。
左で影、右で光。重ねて出来上がる大切なヒトを愛してあげて欲しい。」

「後はもう、君に委ねるよ。何時だって終わりに出来るのだから。」


vistlipの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
vistlip「La Vista」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ