上総慕情 - 叙情四重奏「カノン」の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

上総慕情  ♪  叙情四重奏「カノン」
作詞 : 悠
作曲 : Shuri.Inc

昼下がりに発った鈍行を
降りる頃にはもう海は夕の凪
あなた追って女一人旅
剱崎へ落ちる陽は瞼を焼いて
わかっています、馬鹿な女だと
それでも慕った人だから...

草臥れた酒場で聞いたのさ
上ったきりあなた帰りゃしませんと
黒い海の向こうに浮かぶ
東京の灯りに戻る場所もなく
故郷へ帰らなければと
最後に貰った優しさよ

-汐風が濡れた頬撫でて
始発の鈍行で去るのでしょう-


叙情四重奏「カノン」の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
雨傘
少女Aの愛情表現
曇り空、屋上にて
上総慕情/叙情四重奏「カノン」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ