雨傘 - 叙情四重奏「カノン」の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

雨傘  ♪  叙情四重奏「カノン」
作詞 : 悠
作曲 : Shuri.Inc

曇りガラス越し 傘の咲いた街角
駅前はいつかと同じ人の波

不覚にもそう、下手な嘘を見破り
目を背けられぬ私に 告げたサヨナラ

雨降り、最初の帰り道には
狭い傘に二人
冷たく濡れた右肩が
今となれば愛しくて

また貴方を少し待ってみる

街灯は容赦無く一人の影照らして
想い出の貴方と寄り添う事も許さない

ねえ、まだ合鍵は返さないで
もう少し夢を見させて

例え結末を知っていたとしても
貴方を選んだでしょう
不器用さに傷付く事も
二度と無いのでしょう

雨降り、今夜の帰り道には
広い傘に一人
濡れず帰る両肩に
愛しい香りはなくて

ただ、雨の匂いだけ残った


叙情四重奏「カノン」の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
少女Aの愛情表現
曇り空、屋上にて
上総慕情
雨傘/叙情四重奏「カノン」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ