曇り空、屋上にて - 叙情四重奏「カノン」の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

曇り空、屋上にて  ♪  叙情四重奏「カノン」
作詞 : 悠
作曲 : イオ

明け方の屋上は 風の音だけがして
錆びたフェンスに手を掛け 見下ろせば眠る街

もういっそこの身を投げたかった
居場所など何処を探せど
ある筈無いと判っていた

あなたはきっと曇り空に
差し込んだ一縷の光
寄り添って眠りましょう
永遠よりも長く

昼過ぎの踏切は 不協和音かき鳴らし
吸殻潰す踵 擦り減った黒い靴

もういっそ向こうへ飛び出したかった
誰一人頼れなかった
唯あなた以外には

嗚呼

この場所からもっと遠くへ
頼りない右手を取って
連れて行ってくれるのですか?
この空の果てへ

二人きりで旅立つ日は
太宰あたりに擬えて
手紙でも残しましょう
誰宛でもなく

この場所からもっと遠くへ
頼りない右手を取って
連れて行ってくれるのですか?
この空の果てへ


叙情四重奏「カノン」の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
曇り空、屋上にて/叙情四重奏「カノン」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ