空っぽの空 - Rakeの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Rake
公式サイト
空っぽの空  ♪  Rake
作詞 : Rake・jam
作曲 : Rake・松浦晃久

壁、心にも世界にも
高く築き上げてる 恐怖心
でも、傷ついた心を
責めることなんかも出来ない

覚えてるかい?
裸足で熱い砂の上
はしゃぎ回って
煌めく太陽に触れた

海を目指して走り出す
交差した光の中を
怖いものなんか何ひとつ世界には無かったあの日
僕たちが見たものを忘れてはいけないけれど
もう一度海と、空っぽの空に
両手を拡げて愛を叫ぼう

立て、歩け、と言う人よ
強いことはそんなに強いんですか?
この涙もあの海も
同じものから出来てるのに

覚えてるかい?
必死にペダル漕いでさ
何処までも行った
煌めく太陽の真下

子供みたいなこと言うな、
そうやって笑われたって
取り繕ろわれた言い訳や嘘を吐く大人にはなれない
雨が降り、膝をつき、座ってた心抱き上げて
もう一度僕ら、空っぽの空に
両手を拡げて愛を放とう

海を目指して走り出そう
交差した光の中へ
怖いものなんか何ひとつ世界には無かった明日へ

僕たちが見たものを忘れてはいけないけれど
もう一度海と、空っぽの空に
両手を拡げて愛を叫ぼう

叫ぼう 叫ぼう

空っぽの空に


ミニ情報
アルバム「はじまりの街」収録曲
Rakeの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
空っぽの空/Rakeの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ