笑ったままで - Goose houseの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Goose house
公式サイト
笑ったままで  ♪  Goose house
作詞 : Goose house
作曲 : Goose house

「出会った頃の 私たちは 溢れる想い ことばにしてたね」
4月の夜 歩道橋の上で 君がぽつりと雨のようにつぶやいた

手をつなぐことも減った 記念日も少なくなった
2人の間 よどんだ空白と ごめんねが増えてた

春風が君のこと 彼方へさらっていく
いつも隣にいる気がして
平気な気になって 寂しさのサイン 気づけない僕だった

笑ったままで そばにいて 言いそびれたことば かき集めて
花束にして届けよう ただ君を 失いたくないんだよ

涙もろい瞳も 鼻にかかる声も
君のすべてが 好きなのに
時の流れの中 それを見失い 傷つけた僕だった

出会った頃と 変わらない 溢れる想いを かき集めて
花束にして届けよう もう君を ひとりきりにしないから

笑ったままで そばにいて 言いそびれたことば かき集めて
花束にして届けよう ただ君を 失いたくないんだよ


ミニ情報
アルバム「Milk」収録曲
Goose houseの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
笑ったままで/Goose houseの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ