L.I.P's Goose house 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Goose house
公式サイト
L.I.P's  ♪  Goose house
作詞 : Goose house
作曲 : Goose house

桜が舞い散る駅の
ベンチで拾った携帯
穏やかな笑顔の あなたに出会った

同級生とは違う
好きなカフェも 小説も
わたしの気持ちをあしらう仕草も

少し高めのリップクリーム
わたしの恋のお守り

触れてみたいよ 強引に奪ってよ
上手すぎるキスでいいから
いつの日かの運命のため
わたし可愛くいるから
ふたりを繋いで
ねぇ くちびるのフィラメント

偏見という魔物は 真実を曇らせるよ
子供じゃ悪いの? わたしはわたし

そのくちびるは まじめすぎるよ
ちょっと不埒でいいんじゃない

はぐらかさないで のらりくらり かわしてさ
今日も門限に帰すのね
まぶたの裏 残るあなたを
逃がさぬように 目を閉じるの
オトナにないもの
ねぇ 教えるよ

好きになったの 強引に奪ってよ
上手すぎるキスでいいから
いつの日かの運命のため
わたし可愛くいるから
ふたりを繋いで
ねぇ くちびるのフィラメント


ミニ情報
アルバム「Milk」収録曲
Goose houseの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Goose house「L.I.P's」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ