夢色キャンバス Chicago Poodle 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Chicago Poodle
公式サイト
夢色キャンバス  ♪  Chicago Poodle
作詞 : 山口教仁
作曲 : 花沢耕太

あきれるくらいキレイな空
未来へと続くような
この手で何が出来るんだろう?
この足で何処にゆけるの?

海岸沿いの道歩けば
太陽の匂いがする
この街の風はいつも優しく
僕の背中を押してくれるんだ

一枚のキャンバスに僕達はそれぞれの今を描いてゆく
色んな夢のcolorがきっとあるはずだからそう
この両手を使ってガムシャラに思い通りに描いてみよう
さあ出来上がるのはどんな「未来」だろう

「正解」を探すよりも
「可能性」を信じてみたい
誰に笑われても譲れないものが
ココにひとつだけあるんだ

笑顔も涙も全部使って鮮やかな色に変えてみよう
shiny and rainy day いつだってその繰り返しだから
共に悩み、学び、ほら描こう 想像さえしない自分を
大切なモノを見逃さずに生きていたい

どんな形だろうと確かな輪郭で
描いたその絵は強く美しい

一枚のキャンバスに僕達はそれぞれの今を描いてゆく
未来をイメージするんだ 一度きりのこの瞬間に
下手くそでもいいさ ガムシャラに好きな色で塗りつぶすんだ
さあ出来上がるのはどんな「自分」だろう

そしていつか誇れたらいいな
他の何処にもないその一枚のキャンバスを


ミニ情報
伊予銀行2014年企業CMソング
アルバム「Life is Beautiful」収録曲
Chicago Poodleの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Chicago Poodle「夢色キャンバス」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ