ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド Chicago Poodle 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Chicago Poodle
公式サイト
ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド  ♪  Chicago Poodle
作詞 : 山口教仁
作曲 : 花沢耕太

「ごめんね」なんて言葉
君はいらないだろうな
あの日昔の彼女に会ってしまった
誤解を招いた僕は馬鹿だ

手離しちゃ駄目なものはいつでも
当たり前のように輝いてた

ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド
誰と過ごしても想い出に勝てやしない
きっと遅いよね だけどずっと笑わせたかった
君の代わりに残ったのは
君が好きだという想いだけ

夏の終わりを告げる花火が燃える
この街は今夜お祭り騒ぎで
すれ違う恋人たちは幸せそう

よく通ったあの店を覗く
いつかの君がいるような気がして

ずっと煌めく君は消えないダイヤモンド
その輝きは日ごとに増してゆくよ
「もう戻れない」
言い聞かせ前に進もうとしても
君の笑顔を思い出す度
君が好きだと思い知る

ずっとタカラモノ 光り続けるダイヤモンド
朝も昼も夜も夢の中でもそう
新しい日がまた何食わぬ顔でやって来る
君の代わりなんて何処にもいない
今も君を待っている


ミニ情報
アルバム「袖振り合うも多生の縁」収録曲
Chicago Poodleの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Chicago Poodle「ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ