愛のレストラン - Chicago Poodleの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Chicago Poodle
公式サイト
愛のレストラン  ♪  Chicago Poodle
作詞 : 山口教仁
作曲 : 花沢耕太

少し冷めたフライドポテトをかじりながら
「出来立てってどんなだった?」って考えた

君が「何も分かってない」って出てってから
平気なフリしてアレコレ悔やんでいる

キスよりも大事なものを見落として
ずっと上手くやれてるような気でいたよ

愛のレストラン シェフは君
いつも当たり前に振る舞ってくれていた
柔らかな笑顔を
もっとちゃんと噛みしめりゃ良かった

たまに酸っぱかったり塩っぱかったり甘すぎたり
思ってたような味じゃなくても美味しかったり

今ひとり
胸に残る君の味思い出してる
どれもこれも特別な日々(じかん)

愛のレシピなんてない
心、心こそが大事なスパイスで
足りてなかったんだ
君を想う気持ちも何もかも

愛のレストラン シェフは僕
ちゃんと心込めて振る舞ってみせるよ
下手くそでもいいよね
いつも君だけに味わって欲しいから
「出来立てより美味しい」
そんな未来にしようよ I love you


ミニ情報
アルバム「袖振り合うも多生の縁」収録曲
Chicago Poodleの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
愛のレストラン/Chicago Poodleの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ