滲み続ける絵画 Aqua Timez 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Aqua Timez
公式サイト
滲み続ける絵画  ♪  Aqua Timez
作詞 : 太志
作曲 : OKP-STAR

独りが怖いと思ってたけど 怖いから独りきりでいたのかもしれないね
愛とか勇気とか そういう言葉を ずっと見殺しにして

僕の憂鬱をかき消すあの 朝焼けの奥行き 今もこの星の誰かを照らしている
収縮と膨張のすきま 銀河唯一のデッサン つかの間の奇跡 滲み続ける絵画

砂の一粒から 砂丘が始まる やがて一粒の砂に終わる
月は何も言わず それを見届ける 敵も味方もなしに

もっと窮屈な日々だったら 思い煩うこともなくなるのだろうか 浮き沈みすらもなく
従順な子どもになってオートマティックな景色を 眺めてみるのも 快適なのかもね

僕の憂鬱をかき消すあの 朝焼けの奥行き 今頃あなたの目覚めを照らしている
収縮と膨張のすきま 銀河唯一のデッサン つかの間の奇跡 滲み続ける絵画


ミニ情報
アルバム「エルフの涙」収録曲
Aqua Timezの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Aqua Timez「滲み続ける絵画」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ