病院 - THEラブ人間の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

THEラブ人間
公式サイト
病院  ♪  THEラブ人間
作詞 : 金田康平
作曲 : 金田康平

ベッドの枕元に飾られた花たち
点滴を打たれないからすぐに枯れてしまう
『出来ること』は増えていく
『今まで出来ていたこと』は減っていく

歳をとるってことを少しだけポケットに入れて
終わりの予感に震えながら生きていくんだね

いくら心がボロボロになって
何かを憎んでしまっても生きてる
死んでいないなら また海まで行こうね

枕元のネームプレートには
『性別』と『年齢』と『生年月日』と『フルネーム』が汚い字で書かれてる

『生まれた日』『生きてきた日々』
『愛する人から呼ばれてきた、とてもとても愛おしい名前』
『美しい名前』が

いくら体がボロボロになって
なんにも見えなくなってしまっても生きてる
死んでいないなら また海まで

いくら心がボロボロになって
何かを憎んでしまっても生きてる
死んでいないなら また海まで行こうね

「そうだよね。また海まで行こうね!」


ミニ情報
アルバム「SONGS」収録曲
THEラブ人間の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
病院/THEラブ人間の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ