冬の朝 星羅 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

星羅
公式サイト
冬の朝  ♪  星羅
作詞 : いしわたり淳治
作曲 : 星羅

誰もいない朝焼けの街は静かで
地球で最後に生き残ってしまった気分
電信柱のふもと 積もったゴミの山
雪崩れて歩道を塞いでる

燃えるゴミの袋やぶって突き出た
ねじれ曲がって歪な針金ハンガーみたく
分別さえ出来ない心
ねじれ曲がった心も捨てたつもりかい

誰も通らない交差点 健気にはたらく信号機
白く吐く息が生きている証に見えた冬の朝

誰も気付かない 誰に見られることのない
ひとりの時間に何してるか
人生はそれで決まるんだぜ

「おれといるときには出来ない事はもう
おれがいないときでもしないで欲しいんだ
なあ 信じていたいから お前を」
あの時の約束覚えてんのかな

暗いニュースだけ詰め込んだ新聞配る高校生
白く吐く息が生きている証に見えた冬の朝

誰も気付かない 誰に知られることもない
ひとりの時間に何してるか
人生はそれで決まるんだぜ

歩道を塞ぐゴミの山 集めて回る清掃車
誰も通らない交差点 健気に働く信号機

暗いニュースだけ詰め込んだ 新聞配る高校生
白く吐く息が生きている証に見えた冬の朝

誰も気付かない 誰に見られることのない
ひとりの時間に何してるか
それですべてが決まるんだぜ


ミニ情報
アルバム「ミディアイム」収録曲
星羅の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
星羅「冬の朝」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ