潮騒静夜 - STARDUST REVUEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

潮騒静夜  ♪  STARDUST REVUE
作詞 : 中村中
作曲 : 根本要

部屋の灯りは点けないで 波の音だけ聞いていたい
少し疲れた腕の中 やがて来る朝を忘れたい
私は決まって 涙で目覚める

あなたと見てた夜景より きれいな街
ひとりで見る朝日を あなたに見せたい
ありふれた日々に掛けてた 鍵を開けて
ひとりでいる時にも 笑える強さ見せたい

風に揺れてるシーツ越し あなたの背中を探してる
騒ぐ波だけが 二人を見ていた

明けない夜の間だけ 二人の夢
このまま息を止めて 目覚めなくてもいい
二人がそれぞれの暮らし 守る為に
答え探すくらいなら 明日が来なければいい

燃え上がる恋と呼ぶには 遅い出会いでも
守れる物の中に あなたを数えたい
静かな寝息立てている あなたの為
少しは出来る事が 私にあると信じたい


ミニ情報
アルバム「太陽のめぐみ」収録曲
STARDUST REVUEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
潮騒静夜/STARDUST REVUEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ