大糸線 - 西方裕之の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 西方裕之
公式サイト
大糸線  ♪  西方裕之
作詞 : 喜多條忠
作曲 : 徳久広司

松本を過ぎると 空気が冷たい
二十四を過ぎた お前には
世間が 冷たいだろう
お前がむいた みかんの匂い
列車の中に たちこめて
大糸線は 河ぞいに
深くよどんだ 悲しみ流す
糸魚川には 夜につく
せめてそれまで 肩だきあおう

引越のたびに 荷物がへるねと
笑ったお前の 横顔に
心がなごんだものさ
お隣りにあげた 朝顔の苗は
今年の夏に 咲くだろうか
大糸線は 胸の中
細く流れる 雪どけ水か
糸魚川には 夜につく
せめてそれまで 肩だきあおう

大糸線は 胸の中
細く流れる 雪どけ水か
糸魚川には 夜につく
せめてそれまで 肩だきあおう


西方裕之の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
港やど
おまえと道づれ
ふたりの夜汽車
ふるさと日和
瀬戸内しぐれ

日本列島やり直し音頭
恋のあんぽんたん・昭和篇
おやじの舟唄

大糸線/西方裕之の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ