鏡 - GRAPEVINEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GRAPEVINE
公式サイト
 ♪  GRAPEVINE
作詞 : 田中和将
作曲 : 田中和将

薄皮のように斜交い模様に
剥いで繋いで
押し花のように染み込ませる
全ての頁に

夏が来て窓に降りそそぐ

誰にも言えずに触れずに
尖った自意識を
描き出すフレーズにぶれずに
鏡に映して
変わってゆく身を綴る

皮膚の下には微かな流れ
引いて寄せる
もうあとどのくらいこうしていられるかわかってる

飽きが来て戸を開け放つ時

誰にも言えずに触れずに
穿った美意識を
何にも見えずに聞こえずに
闇の音を聴く
掻き出すフレーズに狂えずに
尖った自意識を
描くイメージを掬えずに
鏡に映して僅かな頁を繰(く)って
この日々にキスを贈る


ミニ情報
アルバム「Sing」収録曲
GRAPEVINEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鏡/GRAPEVINEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ