風待港 - 長保有紀の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

長保有紀
公式サイト
風待港  ♪  長保有紀
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 中村典正

船は千来る 万来る中で
貴方の船を こころ待ち
もしも港に 戻ったならば
嵐よ止むな しばらくは
時化(しけ)の間は とも綱解(と)かぬ
女は男の 風待港

冷えていたなら 温めてあげる
添い寝の肌で 夜明けまで
酒は人肌 呑ませてあげる
命の水を 好きなだけ
尽くすことなら 誰にも負けぬ
私は貴方の 風待港

離れたくない 心を知らず
いつしか凪(なぎ)の 空模様
次はいつかと 貴方に問えば
天気に聞けと 憎い口
船は出て行く 鴎は残る
女は男の 風待港


長保有紀の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
風待港/長保有紀の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ