花筏 長保有紀 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

長保有紀
公式サイト
花筏  ♪  長保有紀
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 中村典正

川に舞い散る 桜の花が
寄り添いながら 流れてく
あなたとこのまま
乗って逃げたい 花筏(はないかだ)
叶わぬ願いと 承知のはずが
無理を言いたい 女なら

愛し合っても 世間の風は
二人にやつらい 向かい風
もしやに賭けてた
女ごころの 渡し舟
人目の届かぬ はるかな岸へ
なんで渡さぬ 花の舟

七日(なぬか)桜と 呼ばれるけれど
春来るたびに また開く
あなたと見るのは
今年かぎりの 花筏
この手に触れても 掴めぬ夢を
載せて見送る 別れ橋


長保有紀の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
長保有紀「花筏」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ