カウボーイによろしく GOING UNDER GROUND 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GOING UNDER GROUND
公式サイト
カウボーイによろしく  ♪  GOING UNDER GROUND
作詞 : 松本素生
作曲 : 松本素生

物語はクライマックス 泣き出しそうなカウボーイ
喉につかえた名ゼリフ 言えないまま

誰もいない舞台の隅 かつての人気者 鏡の前で
無理やりに作る笑顔 でもそれも今夜で最後にする
客席に一人ぼっち かつての人気者 唯一のお客
「いつの日も君を見てた」ずっと時代遅れと笑われても

僕らは似てたよ 鏡を合わせたように
起死回生の名ゼリフ 聞かせてくれ

今鳴らされる開演のベル 灯るライトに足が震える
でも聞こえるよ 拍手の音が いつにも増して大きな音で

誰もいない舞台の上 ずっと演じたのは架空のヒーロー
いつからか怖くなった ホントの声を忘れそうで…

何を言えばいいんだろう こんなオレが君に

出来損ないのカウボーイ そのままの君でいいんだよ
分かってるんだ 逃げてもついてくる本当の自分

起死回生の名ゼリフ 聞かせてやる

今幕が開く 舞台の上を灯るライトがまぶしく照らす
近くて遠い 君は友達 ようやく言える 本当の声で
そして鳴らされる 終演のベル…時間が経っても

物語はずっと続いてゆくんだカウボーイ
二人だけの名ゼリフ 秘密にする


ミニ情報
アルバム「おやすみモンスター」収録曲
GOING UNDER GROUNDの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
GOING UNDER GROUND「カウボーイによろしく」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ