雨も風も 小池徹平 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

小池徹平
公式サイト
雨も風も  ♪  小池徹平
作詞 : 小池徹平
作曲 : 小池徹平

通り雨は突然やって来て
ほんの少し街を潤しても
気が付けばいつの間に
またどこかへ消えちゃうんだね

心の隙間するりと入り込み
君はまるで子猫のようだけど
やさしさに応えるようなこともなくて
それでいいさ

恋かどうかもわからない曖昧さで
僕らの時間は流れてく

愛してるとかそんな大袈裟なこと
言えるわけもなく想いはすれ違う
目覚めた時に夢の続き見てるようで
君がいつか通り雨に
溶けてしまうような気がした

風が吹けば雨雲押し流し
濡れた土のにおいも薄れゆく
わずかな思い出が君を支えるのなら
それでいいさ

お互いの気持ちもわからない曖昧さに
苛立つこともあるけど

恋してるとかそんな特別じゃなく
偶然に出会い気付けば傍に居て
空気みたいに当たり前の二人だから
雨上がりの風に吹かれ
消えてしまうそんな気もして


ミニ情報
アルバム「pieces」収録曲
小池徹平の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
小池徹平「雨も風も」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ